細胞・ドロップレット分離装置「On-chip Droplet Selector」 - セルソーター セルアナライザー フローサイトメトリー | オンチップ・バイオテクノロジーズ

細胞・ドロップレット分離装置「On-chip Droplet Selector」

世界初、ドロップレット分離・シングル分注装置
「On-chip Droplet Selector」
2021年10月新製品発売!

 

スクリーニングのゲームチェンジャー

ドロップレット(Droplet) 技術は、従来のスクリーニングの効率を格段に向上させた次世代
の手法として注目されています。すでに未培養微生物の培養・創薬スクリーニング・変異株取
得など幅広い研究領域に利用されており、さらなる普及が期待されています。

これまでドロップレットの作製や培養、解析は可能でしたが、”1つずつ分けること”は困難で
した。On-chip Droplet Selector は目的のドロップレットを1つずつ分離し、そのままプレート
に分注できることを可能にした装置です。これまでのスクリーニングにかかる手間をなくし、
効率を大幅に向上させることで、あらゆる研究を加速させていきます。

 

装置概要

マイクロ流路内で検出・選抜

■フローサイトメトリーの原理を用いて、全ドロップレットの
散乱光(FSC / SSC)・蛍光情報を取得
■目的ドロップレットを空気圧制御により1つずつ分離(特許5857357, 特許6031178)
■ドロップレットに限らず、細胞やGMD (ゲルマイクロドロップ)も解析可能

安全動作・クリーンな解析環境

■前面シャッターにより、実験者の安全を確保
■HEPAフィルターによりクリーンな解析環境を維持
■使い捨てのマイクロ流路チップの使用によりコンタミネーションの心配なし
■嫌気チャンバー等にも入れることができ、嫌気環境下でのサンプル取り扱いも可能

ウェルプレートに1つずつ分注

■マイクロ流路チップで回収したドロップレットを分注
■96 / 384ウェルプレートを3枚まで配置可能

 

多彩な蛍光色に対応/高感度・高精

3レーザー、6カラー同時検出可能

On-chip Droplet SelectorはBlue(488nm)、Violet(405nm)、Green(561nm)、Red(637nm)から3種類を搭載できます。
蛍光検出感度はFITC<200 MESFと高感度を実現しました。蛍光6色を対応することで計測領域の拡大と計測精度の向上が図られ、近紫外領域のレーザーを搭載することで、サイドポピュレーション(SP)の解析も可能です。

On-chip Droplet Selector

製品名 製品番号 レーザー 蛍光検出器数
On-chip Droplet Selector HS 462S3001 Blue Red Violet 6
On-chip Droplet Selector HSG 462S3001G Blue Green Violet 6
On-chip Droplet Selector HSGR 462S3001GR Blue Green Red 6

スペック

On-chip Droplet Selector

光学系と検出感度
レーザー 最大3本(405nm、488nm、561nm、637nm)
測定パラメーター 前方散乱光(FSC)、側方散乱光(SSC)、蛍光6色(10パラメーターまで)
検出波⾧ FL1 : 445/20 nm、FL2 : 543/22 nm、FL3 : 591.5/43 nm
FL4 : 676/37 nm、FL5 : 716/40 nm、FL6 : 775/46 nm
解析サンプルサイズ ~50 μm (ドロップレット、細胞)
分注速度 10分/ 96well
操作開始までの時間 5分
シャットダウン 10秒(クリーニング不要)
サイズ(WxDxH) 760x500 x 635(mm) HEPAフィルター無モデル
760x500 x 800 (mm)HEPAフィルター有モデル
重量 75 kg
制御 ノートPC(Windows10)
電源入力 AC100-240V, 50/60 Hz
消費電力 240 VA
デモリクエスト 資料ダウンロード
Facebook Twitter YouTube LinkedIn